幼稚園の1日

登園 9:00~9:30

 

お家の方と季節を感じながらの登園。

手をつないで通ってきた時間は

きっと親子の宝物になるでしょう

 

 

 

各部屋には季節や発達に

合わせたあそびを設定しています。

 

きょうは なにをつくろうかな。

 

「ごっこあそび」は

子どもの想像力を育みます。

 

異年齢のかかわりも

たくさん見られます。

 

 

 

「このはのへや」という絵本コーナーには

1400冊程の良書を置き、

いつでも手にとることができます。

 

園児に絵本の貸し出しも行っています。

 

お庭には草花がいっぱい。

感触を楽しんだり

草花あそびに取り入れたり。

 

オリーブの庭

 

ダイナミックに砂遊び

 

 

      木登りをしたり。

 

ブランコは人気の遊具。

順番の意味が学べる場です。

 

 

 

 

井戸水をつかってあそぶのも

たのしい

 

砂あそびは年間通して

いろいろなあそびが生まれます。

草花を使ったお料理ごっこや

水を運んで泥んこプール…。

 

裸足になって 

汚れてしまっても大丈夫。

シャワーと着替えの服は

いつでも準備OKです。

 

思いっきりあそぶ経験が大事です。

 

クラスごとに集まる時間も

あります。

時間は内容によります。

 

短い時間、礼拝をしたり、

年長児はじっくりと行事の

話し合いをしたりします。

 

 

製作は毎年決まったものを作るのではなく、

子ども自身からの作りたい気持ちを

大切にしています。

 

11:40ごろを目安にお弁当。

おうちの方の手作りのお弁当は

子どもたちにとって

おうちの方の愛情を感じる

ほっとした時間です。

 

日によって畑でとれた野菜などが出ます。

サラダや塩もみ、炒め物、味噌汁など。

 

「苦手だけど食べられるようになったよ」

 

 

 

各部屋に置いてあるおもちゃは木などの

自然素材が多くあります。

感触の良さを感じながら、工夫したり

心を動かしたりしてあそびます。

 

 

日によって

年長児はぞうきんがけをします。

 

帰りの集まりは当番の友だちに感謝したり、

みんなで絵本を見たり。

 

明日が楽しみになるようにしています。