めぐみの子幼稚園の保育方針

《キリスト教保育》

◎ キリスト教の精神にもとづく人格教育を基本とします。

  ひとりひとりの子どもが尊重されることで、

  愛の心、感謝する心が育ちます。

  子どもひとりひとりが

  神様に愛されている存在として生きることを

  大切にします。

   

 

《遊びを大切に考えている保育》

 「遊び」には

  幼児が育つための たくさんの要素が含まれています。

  やりたいことを見つけ、

  思い切り遊ぶことで、

  探求する心、考える力、

  創造性、社会性などがはぐくまれ、

  それが生きる力となります。

 

  幼児期に大切な遊びや生活の中で、

  子どもが主体的に考えたり、工夫したりします。

  友だちと心を合わせたりしながら、知的好奇心を満たします。

 

  

  また、たくさんの良質な絵本と出あい、

  想像する楽しさを知り、

  感性が豊かに育ちます。

  

  

 

《自然を生かした保育》

◎ 恵まれた自然環境の中で、

  季節の移ろいを感じます。

  また、花や虫などいのちの輝きや はかなさにふれ、

    いのちあるものへの関心が 芽生え育ち、

  いのちの大切さを感じるようになります。

 

  園内の畑で育てた野菜を収穫し、

  調理することによって、

  収穫の喜びをわかちあい、

  豊かな感性が育っていきます。